月の彼方

いわゆるサブブログ

ここはどこ?

サブブログです。

普段メインで書いてるのは

 

クレセクチートは百合 :レート、オンライン大会で使った構築や単体考察とか。

 

トリル三日月しなイカ?:サークルのイベントに参加したときの構築とか。

 

こっちでは変な事書くけど良ければ見てね( :D)┸┓

ある実況者大会のある実況者について

あえて名前を伏せてます。伏せてる意図を理解してくれるととても助かります。

 

僕が言うことじゃない、でも言いたかった。

 

どう見ても勝つ気がない姿勢とか運営に迷惑かけたことを認めずに逆ギレしてる雰囲気出してることとかは、まあ、死ぬほど不快だった。

でもそれは「ああ、この人はそういう人なんだな」で済む話ではある。

そもそも本人は勝つつもりだったって言ってるし本当に運営に迷惑かけたのか僕は知らない(明らかに迷惑かけただろ、って思うけど運営本人から聞いたわけではないため)から不快に思うこと自体がおかしいのかもしれない。

 

ただ「ゲームなんだし適当でいいっしょw」みたいな発言は流石にビビる。

ポケモンってゲームが好きで動画上げてた人の発言とは思えない。

ゲームなんだから勝ちにこだわりすぎずに楽しくやろうなら分かる。

でもそういう人たちだって手を抜いてたわけじゃない。少なくともこの大会のほかの参加者はみんな本気だったと思う。

楽しむことと全力を出すことは同居し得ないって思ってそうなところがマジで腹立つ。

楽しんだじゃなくてただ楽をしただけにしか見えない。ポケモンが好きじゃないから全力になれないんだなって思ってしまった。

 

ポケモンが好きな人にポケモンの実況者大会出てほしかった。

ガルーラがこの先生きのこるには(シングル)

ぐちゃぐちゃに書いていきます。

 

タイプ受けのサイクルに入らないポケモンなのでZを透かすのがかなり難しい。

なのでガルーラにZを耐える耐久が要求されるが、これは問題ない。コケコのZ10万は耐久にある程度割けば耐えれる。ミミッキュのZじゃれつくは余裕で耐える。

 

弱点と耐性の少なさからZを誘う。

Zを耐えて返り討ちに出来るスペックはあるがガルーラは大きく削られてしまう。

対面性能をあげる(=Z持ちに勝つ)ため、大きく削られても仕事をするため、その2つから不意打ちは必須。

 

6thのガルクレセのようにガルーラに勝ち筋を依存した構築では勝てない。ちゃんとZ持ちを基本選出に組み込める構築にする必要がある。

 

選出をメガ+Z+強ポケモンに出来るほど強く、S3の1位の構築はこれが出来ていた。

 

対面性能の高いポケモンを集めるという意味では6thの厨パに近い組み方になるのかなと思う。

 

強いポケモンを開発する必要があるなあと思いました。

映画 「ポケモン 君に決めた!」 感想

僕みたいに昔のポケモンアニメほとんどを覚えてない人とかそもそも見たことがない人は全く楽しめない。

 

というか「懐かしい」=「感動する」っていうのがよく分からない。少し覚えてる内容が出てきたけど「そんなんあったなー」で終わり。

 

ポケモン映画の視聴層って初代アニメがやってた頃に生まれてないような子供たちが、まあ、1番多いわけで。

子供たちが楽しめない映画にするの違くないか……?

 

 

例年通り新しい伝説のポケモン出して欲しかったです。

テッカグヤの対策一覧

f:id:wawoncresselia:20170808070016j:image

この前行った焼肉。

安くて美味しかった。

ただご飯を置いてないので米が食べたければ少し値が張るビビンバを頼む必要がある。

 

 

聞いてくれれば場所教えるので一緒に行きましょう!

ポケモンとじゃんけん

ジャンケンの勝率はどう足掻いても5割だけど催眠の勝率は6割だよ。

 

 

って言うのは違うわけで。

まず催眠は「当てて、かつ最速起きしない」でしか勝てない場面を考えるなら勝率は4割。命中率=勝率って考えるのはエアプ。

 

次にジャンケンの勝率。

純粋なジャンケンだと間違いなく5割です。

ただポケモンにはジャンケンじゃない択があるわけで。

 

相手が択を理解してない場合。

レート差マッチングの時にありがち。相手に見えてない択を通せば勝てる。ターニングポイントというかこの択が通るか否かで勝負が決まる、ってことが見えてない。もしくは択の選択肢そのものが見えてない。

これは5割を越えるじゃんけん。

 

思考誘導は、少なくとも僕には理解できないので書きません。